--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 09. 26  
IDもパスワードも忘れるくらいの放置ぶり
テンプレも消えていたし、ブログ村からも追放されていたわ

元気で忙しかったってことだけど
闘病ブログは元気か、そうでないか、のどちらかだから
やっぱり更新は必須だよね
もしかしたら誰か時々のぞいてくれたりするかもしれないもの

術後、7年目
トリネガは3年が勝負だなんて言われている
ましては希少といわれるタイプで7年目
発症時の絶望感からしたら、
考えられないくらい幸運だと思う
この間、乳腺外科のベテラン先生にも
大丈夫だよ! な~んて太鼓判押されて
すっかり有頂天になった私

あ~あ、それなのに10月10日に呼吸器科を受診するはめになった
風邪を引いた際のX線に問題があって造影CTを撮ったら
肺に1cm~1.5cm位の何かが写っていたからだ

まだ、確定じゃないのでジタバタしても
全く無意味なんだけどね……(;´д`)
つい、「乳がん肺転移」とか「再発転移がんの体験ブログ」などを読み漁るという
秋の夜長になっている

そして過疎化していた自分のブログにたどり着いたんだわ(〃ω〃)

肺炎の後遺症とかでないかしら
そんなのだったらいいのにな~









スポンサーサイト
2015. 10. 09  
芸能人で自身のがんを公開する人が最近増えた。

著名人が言った事はブログであれインタビューであれ、すぐに巷に広がる。
多くの人が目にすることになる。
それはある意味、好奇の目にさらされるという事にもなる。

私も告知▶︎手術▶︎化学療法と大ごとが
立て続けに降り掛かっていた頃は
身も心も不安定だった。
だから今、北斗さんがあれこれと決意を表明している気持ちも理解できなくはない。

だけど、どうか慌てないで、騒がないで、とお伝えしたい。
中途半端な情報を流す事はがん患者に失礼だと思う。

強い人ばかりじゃない。

傷跡の公開?

誰のため?

何のため?

傷跡を見て検診に行く?

冗談じゃない。

啓蒙というのは微妙で繊細なこと。

彼女も同じ女性なのだから他の女性の気持ちを考慮してほしいものだ。

以前、乳がんの手術跡を集めた写真集が出たときも私は同じ気持ちになった。

ビデオもあった。


がんになったら闘病が長いのだから

何を伝えたいのかゆっくり、じっくり
時間をかけて考えれば良いのではないだろうか。



2015. 08. 04  

2010年9月に乳癌が発覚し、

2010年の10月からグチ捨て場と記録用のために、このブログを始めた。

yannchanとの交流が始まったのは2ヶ月後の12月。

あれから4年8ヶ月。

最後に会ってから1ヶ月も経たないのに彼女が逝ってしまった。

とても受け入れる事ができない。



「give me a reason」のakiraniannさん

「思いがけず『乳がん』になりました」のboo-koroちゃん

「輝くわが家のキセキ」のきりりとさん

「明日に架ける橋~がんと私…今ここ日記」のたぁさん

「シングル・ガンズ」の猫目さん

そして「NODAY BUT TODAY」のyannchan




告知を受けて孤独と絶望の縁にいた私に手を差し延べてくれた友人たち。

そのひとりひとりが旅立つたびにブログが書けなくなっていく。

yannchanはブログのみならず数回開かれたオフ会でも一緒の時間を過ごしたG友だ。

発病したのが同時期という事もあり

手術や脱毛、化学療法や副作用等でも情報交換をよくした。



エンタメが大好きだった彼女は、病気でロックバンドを中断していた私に再開を促し、

「ライブの時は私がモギリ(切符切り)をやるからね」

と言ってくれたが、とうとう実現はしなかったね。


旅立つ友や再発している友に対しての無力感や罪悪感などから

ブログ村を去っていた私だったけど

時々は彼女のブログを覗き、負けずに頑張っている彼女をひっそりと応援していたよ。

気丈で前向きな彼女のブログを読んではいつも安心していたの。

でも、今年の3月頃からの彼女の記事に不安を感じ始めた。


取りあえず会わなくちゃと、訪問する約束をしたものの、

彼女の入院でお流れとなり、お見舞いに行った7月が久々の再開となったよね。


起き上がれるし、会話も全く支障無かったけれど

何だか今までのyannchanとは違う、深刻な印象を受けたの。

帰り際に「またオフ会しようね、絶対にね」と抱き合ったのが結局、最後となった。


お見舞いに行った日の夜、久方ぶりにブログをUPしてくれて嬉しかった。

容態が悪く見えたのは私の思い過ごしだったのかなと安心していたよ。

(あのブログはなぜ消えてしまったのかしら・・・)




あまりに早過ぎる。

人の命のはかなさを痛感してしまう。

悲しくて残念で気力がなくなるよ・・・。



と言いつつも

yannchanの訃報を聞いてから私は何回食事をしたのだろう。

何回笑ったのだろうと思う。

生というのは悲しみとは別物なんだね。


明日、会いに行くよ













2015. 07. 03  
6月12日は定期検診だった。
前回(2014.9.12)の結果を聞く。
触診と血液検査は異常なし。

次回の検査は11月にマンモとエコーを実施する予定です。
それらの結果は12月。

取りあえずセーフね。
やっと5年が経過しました。

CEA 
前回 1.1(5.0ng/ml以下が正常値) 
今回 1.3    

CA15-3 
前回 19.8(25.0U/ml以下が正常値) 
今回 20.3 

I-CTP
前回 3.1(4.5ng/ml未満が正常値)
今回 未測定
2014. 10. 01  
この一年くらいしょっちゅう下痢をしているので
別件で通院(この話は次回ね)している内科医に相談してみた。
ガンの既往があってこの年齢だから大腸ファイバーは必至。
即、消化器科を紹介され、ついでに胃カメラもやることになった。

大腸ファイバーは初体験。
考えただけで逃げ出したくなる。

24時間前から食事制限は始まるし、当日飲む下剤は2リットル!
カメラはお尻からだよ!

毎日毎日キャンセルを考えた。

でもね主治医の内科医がスゴく真摯な良いドクターなの
・・・・・・泣く泣くその日を迎えました。

食事は何とかなるけど、やっぱり下剤2リットルはキツい!!
結局1.5リットルしか飲めず何とか許してもらいました。
朝6時から飲みはじめ、車で20分のところにある病院に行く前には
トイレは既に20回近く。
途中コンビニのトイレにもお世話になりました。(汚い話で済みませぬ)


11時半位から検査開始。
点滴でルート確保したあと腸を膨らませる薬が入りました。
モニターで腸内が見れるのだけど最初から激痛。
そんな余裕はなくなり恐怖でいっぱい。
奥に行けば行くほど痛みが増して痛い痛いと騒がずにはいられない。
もうね、油汗。
すると麻酔使います、と消化器ドクター。
直ぐに意識がなくなりました。
意識が戻ったのは胃カメラも終わりマウスピースを外すとき。
痛かったのは5分くらいだけど最初から麻酔を使って欲しかった!

ネットで調べまくったらお腹の手術をした事のある人や
小柄な人は痛い事が多いみたい。
癒着していたり腸がぎちぎちに詰まっているから。
私は帝王切開術2回と虫垂炎手術やったし、小柄過ぎるからなぁ。

もう二度とやりたくないわ。

胃にはたくさんのポリープ、大腸には憩室が複数あったけど
問題は無いとの事
腫瘍もありませんでした。
痛い体験ではあったけど結果オーライで良かったよ!




2014. 04. 24  
「明日にかける橋」のたぁさんが逝ってしまった。

福岡の方なので一度もお会いしたことは無かったけど

時々コメントをさせて頂いたり、こちらにも頂いたり。

心が優しく、感受性が強く、前向きでなんとも素敵な方だった。

息子さんのメッセージがまた素晴らしくて涙が止まらない。


もう何度こんな悲しい思いをしたことか。

そんな思いが辛いためについブログから離れていた私。

だから最期まで励ますことができなかった。

ごめんね、たあさん。

あなたと一緒にロックを聴きたかった。

本当に本当に悲しいです。




2014. 03. 15  
CEA 
前回 1.3(5.0ng/ml以下が正常値) 
今回 1.1    

CA15-3 
前回 21.8(25.0U/ml以下が正常値) 
今回 19.8 

I-CTP
前回 3.1(4.5ng/ml未満が正常値)
今回 2.5


昨日は定期検診の日だった。
術後から3年4ヶ月目。
特に問題無し。

ただしγ-ctpが高め。
お酒も飲まないのに不思議ね。
会社の健康診断でも同様だったし
脂肪の摂り過ぎ?
はたまた膵臓のなんか?
まあいいや、経過観察だね。

昨日は採血すらなかった。
触診のみで210円。

今後は6ヶ月に1回の検診になる。
嬉しいような寂しいような。
有り難いね。

そうそうまた主治医が変わるらしい。
これで3人目。
女医さんは移動が多いのね。
困ったこっちゃ。
名前を覚える暇もないよ。







2014. 01. 12  


昨年の7月にここで紹介したバンド、MGMTのライヴに行って来た。

場所は東京、新木場スタジオコースト〔上の写真じゃSが切れててかっこ悪いね;〕

感動のライヴだった。

ヴィジュアルとエレクトリックサウンドの融合!

サイケ!

アートロック!

正に私の理想ね。

もう一度観たい、聴きたい、体験したいわ!

娘と共有出来て良かった!!

又明日からリピートだわ。

MGMT最高!!

mgmt2.jpg













2014. 01. 06  


あっという間に年が明けてしまい、早7日。
忙しいな~。
というのも、この度家族が増えたからなのです。

飼育放棄された11ヶ月のワンコを引き取ったのよ~。
きれいな眼のやんちゃな女の子。
可愛い!


老犬との暮らしが長かったので
そのエナジーに付き合うのは大変。
毎日たくさん歩かされています。

この子が来た11月末から忙しさMAXで
全くブログを書けないけど
3年検診も無事クリアしたし元気でやってます。

それにしても未だてんてこまいじゃ~。

どうぞヨロシクね!

2013. 12. 09  
「愛しのフリーダ」を観てきた。

フリーダというのはBEATLES公式事務所の初代秘書であり、11年間ファンクラブの運営をしていた女性のこと。
現在69歳になるらしい。

彼女は職業倫理から数多くの取材オファーを断り続け、BEATLESのことについて頑なに沈黙を守ってきたが孫が出来て考えるところがあり、やっとその口を開いて彼らと共に活動した過去について語ることになった。
この映画はそれらを映像にまとめたドキュメンタリーだ。

というワケでファンでないとつまらないかもしれないね。
だけど、ファンからしたら…もう…たまりません。
音楽が素晴らしい!
BEATLESはもちろんのこと、あの時代に流行った曲や彼らがカヴァーした曲のオリジナルヴァージョンなどなど。
ついリズムに乗って頭を振ってしまいました。

あの初めてBEATLESを聴いた日

〔12歳だったわ〕

擦り切れるほど聴いたシングル・レコードとLP

〔CDではないよ〕

学校をサボって観に行った映画

〔ロックは不良の音楽と定義され、何と!禁止されていた時代〕

そんな日々が走馬灯のように思いだされて、ただただ感涙。


BEATLESの時代に生まれた私は本当に幸せものだ。
彼らとともに成長し、彼らのおかげで生き延びれた。
願わくば最期はBEATLES葬でぜひお願いしたいものです。



限定された映画館での上映なので興味ある方はお早めに
有楽町角川シネマでやってるよ~♪

index.jpg
>
2013. 11. 02  
またまた広告が入ってしまった。
ヤバイね。

さて久しぶりにペットの話。
今、私が面倒見ているのはー
ベタ1匹と白めだか2匹、コッピー3匹〔赤ひれ〕、
小赤1匹それとメキシカンサラマンダー1匹〔ウーパールーパー〕です。

以前、ウパのウーちゃんの水槽を大きくしたと書いたけどそのとき洞窟シェルターを入れてみた。
それ以来なんとウーちゃんはシェルターから出てこない。

ちょこっと顔を見せるときはあるけど殆ど闇の奥にいる。
同居の魚たちに見向きもしない。
彼は生きるサイクルがみんなとまったく違うのです。
悠久の時を闇の中で混沌と生きているのね〔笑〕

image3.jpg


飼い主としては水槽を大きくした分、餌やりが大変なことになっています。
袖を肩までめくり上げて手を入れ、ピンセットで洞窟〔シェルター〕まで餌を運ぶ。
まるでウパのしもべだね。
シェルターをどければ労力は減るけど、まあ毎日ではないし、幸せそうなので良しとしましょう。


小赤は安い金魚だったので購入したら、ほかの魚を追いかけて苛めるので
独房に隔離し玄関へ。
なぜか帰宅するたびに狂喜乱舞する。
一番懐いていて妙に可愛い。
成長も著しいわ。

近々水槽を四角くて大きいのに変えてあげよっかな。

href="http://blog-imgs-57.fc2.com/s/o/r/soraiao33/image4.jpg" target="_blank">image4.jpg


小魚たちは大きな水槽でのびのび〔?〕楽しく暮らしているよ。

image_20131102141712434.jpg


で、ベタ。
ひと頃はベタライフ一色だった私の生活。
ちょうど化学療法やっているときだったけど
稚魚の世話に明け暮れたことでさほどつらさを感じなかった。
ていうか嫌な事はもう覚えていない。
ベタたちのお陰だ。
そのベタも今では1匹だけになってしまった。

ベタの寿命は2年ほどなので仕方がないね。

可愛かったガガにフロイト、フルにソレン。
先日大往生したブレはとても懐いていて愛おしかった。
残るはクヌートのみ。
威嚇する相手もなく少し寂しそうに見える。

image5.jpg



犬のいない暮らしも8ヶ月になった。
掃除は毎日やらなくていいし、餌だトイレシートだとしょっちゅう量販店に行く必要もなくった。
出掛けても帰宅時間を心配する必要もない。
なんて楽なの!
あ~…なのに心に開いた穴は相変わらず塞がらないのだわ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


毎日ほとんど元気。
ほとんどというのはあっちこっち痛いけど不通に生活しているということ。
痛いのはもちろんと歳のせいね。

仕事も順調…と言いたいけど勤務地が来年4月から変更になる。
少し憂鬱だけど全員移動なので仕方ないね、これから大変だわ~。





2013. 09. 19  
告知から3年目の検診

手術から2年10ヶ月目の定期検診に行ってきた

6月に採取した血液検査の結果は問題なし

行く前に娘がドキドキだねって…う~ん、そうでもないよ

夫には前日に言ったけど忘れている

それだけ病気から遠ざかったってこと



確かに関連図書も読まないしネット検索もしなくなった

それはそれでいいことなんだろう

でも私は一日だってガンであることを忘れることはないかな

いつの日か胸の傷や人工乳を見てもガンであることを考えない日が来るのかしら



こうやっていても再発する人がいる

この瞬間、痛みに耐え闘っている人がいる

或いは無念のうちに命を落とす人がいる

そんなことが心から笑えない自分を作るのだと思う








CEA 
前回 1.3(5.0ng/ml以下が正常値) 
今回 1.3    

CA15-3 
前回 20.5(25.0U/ml以下が正常値) 
今回 21.8 

I-CTP
前回 3.6(4.5ng/ml未満が正常値)
今回 3.1

WBC  5.3(3.5~9.1が正常値) 




TDS.jpg

娘2人とTDSへ
結構楽しんでるじゃん!
さてどのグループでしょう…



次回はひと山越えの3年目なので健側のマンモグラフィーをやる予定

そして主治医と相談の結果、PETや骨シンチは症状があったときにやろうということになった

我ながら気持ちが微妙に変化して来たと思う






2013. 07. 27  
ジュリアン・ムーアとアーネット・ベニングが
同性愛者の夫婦という設定で家族愛を描いている
『The Kids Are Alright』という映画を観た。
2010年の映画なのでちと古めの作品なのだけど
またまた思わぬ拾い物。
音楽がね、グッグと来たよ。

Oracular-Spectacular-8734.jpg
1stアルバム Oracular Spectacular



ツボにはまって耳から離れなくなったのは
若いNYのバンドMGMT

エンドロール曲の「The Youth」は、
もう〜たまりません!
なんなんだろうコレは??
電子音のリフにスタンダードなメロディーとリフレイン。
ニューサイケ??
切ないヴォーカルに体中がムズムズしてきます。


でもいちばん流行ったのはコレらしい→「KIDS」
『ラスベガスをぶっつぶせ』(原題: 21)のテーマ曲になった
「Time To Pretend」も一度聴いたら忘れられなくなる!

(考えてみたらイイ曲に出会うとメロディーなりが頭に残り
一日中繰り返し頭の中でリフレインしている
で、フルに聴きたくなってたまらなくなり、
なんとか時間を見つけてCDで聴く
それを繰り返して行くと大好きな曲になっている
私の音楽指向はこうやってできているんだわ)


MGMT好きだわ〜♪
絶対に本日手に入れねば!!



おまけ
iphoneの無料アプリで曲のサーチが出来る
soundhoundにはいつも実にお世話になっている

イイ曲に出会ったとき、すかさずiphoneを向けてタップ
誰の何という曲か教えてくれる
おまけに歌詞まで表示してくれるすぐれもの
無料です

ウィキペディアやamazonともリンクしているのも更に便利ね
音楽好きには超オススメです




ウーちゃんに新居

広くなったので洞窟を配置

飛び込んだり
ルピオ飛び込み

アゴを乗せてみたりしたけど
ルピオあご載せる

もう飽きた・・・
ルピオ待ち伏せ






2013. 06. 26  
ポインセチア
半年も前に役目を終えたポインセチア
活き活き!

ポインセチア拡大
葉っぱは水をはじくんだね
茎にクリスマスの名残が

アイビー2
この間植え込んだアイビーの苗
すこし伸びてきたかな


おまけ
u-tyann6262013.jpg
雨とは何の関係もないけど
久々のウーちゃん
いつも笑顔が嬉しいね



2013. 06. 14  
雨の浦賀港 
本日千葉は見えませぬ


我が家から私の病院まで高速道路で約30〜40分。

三ヶ月検診の今日は霧の横横道路だった。
ミルク色の景色が美しくて一人ドライブなのにテンションはMAX。
だけど、たくさんあるトンネルを抜けるたびに霧は晴れちゃった。
ちょっと残念。

霧の高速

今日から新しい先生。

優しそうな女医さん。

今後とも宜しく、、、ってお互い挨拶し合ったけど
先生にしたら手術も抗がん剤の処方もしてなくて
髪だって普通にある元気そうな人間が突然自分の患者なんてね、
ピンとこないだろうな。
私だって主治医と思えるようになるにはスゴく時間がかかるだろう。
やれやれね。

今回のマーカー値を記そう。
とは言っても採血したのは3ヶ月前だけどね。

今日の採血の結果は3ヶ月後。
問題があれば連絡が来る。



CEA 
前回 1.2(5.0ng/ml以下が正常値) 
今回 1.3    

CA15-3 
前回 20.7(25.0U/ml以下が正常値) 
今回 20.5 

I-CTP
前回 3.3(4.5ng/ml未満が正常値)
今回 3.6 



取り敢えずセーフでした。





2013. 05. 05  
しばらくぶりにログインしたらブログに広告が入っていてビックリ!
ずいぶんご無沙汰してたのね

悲しいことがいろいろあったり
花粉症がひどかったり
ちょっとね、元気をなくしてた

おまけに年度末やら新年度行事やらで忙しい日々も続いていたしね

5月に入ってやっと花粉症も落ち着き少し余裕ができました~


花

桜からスタートして次から次へと咲く花がとってもきれいですね
花粉症が出ている間は(今年は特に最悪!)
洗濯物も外に干さない
外出は極力さけるし、
やむなく出るときは
眼鏡に帽子、マスクと完全武装
これが通常の毎日に戻っただけで
心も体も軽~くなりました


早速、庭のリフォームに手をつけたよ

我が家の庭は目隠し用の樹木が家の周りにぐるっと植えてあって
その下の部分は土→木柵→タイルという風に仕切ってある

前々からその木柵が老朽化し腐っていたのね
シロアリが巣食ったら大変!
昨日、思い切って木柵を全部取り払いました

柵

でも、そのままだと土がタイルに流れ出すので
土の周りを漬物石で囲い(大きさの例えね)
土を耕して樹木の下にアイビーを30株植え込んだの

我が家は4mくらいの高さのコンクリの石垣の上にあるのだけど
古くなった石垣が汚い・・何とかせねばと考えた結果の苦肉策!

蔦の絡まるチャペルじゃなく、
蔦の絡まる石垣を作ろう!
・・どうです、なかなか素敵じゃないですか

漬物石


でもね、作業終了後、よくよく調べたら・・・・問題発覚・・
普通は学習してから行動に移すものだけど
私はせっかちなのね~・・・

アイビーって下部に植えるとコンクリなどに根を張って
上へ上へと成長するんだけど、上から下へと這わせると
根は張らず垂れるだけ・・・つまり風や雨で動き、傷む上に
台風などでは千切れることもあるらしい
が~~ん!!

柵を掘り出したり
土を耕したり
漬物石運んで埋めたり(何でこんなにたくさん漬物石があるんだろう)
重労働だったのに・・・
アイビーもちょっと可哀想だよね~

でも、もう植えてしまった・・・・・トホホ

半年後にどんな報告が出来るやら・・・

バセ

ところで漬物石まだまだあるんだ
希望者に差し上げます
いないっか・・・・







2013. 03. 17  
booちゃんが亡くなった。
一月にお会いしたばかりなのに。
信じられない。
早過ぎる。

まだ三十代でお子さんも小さいから
想いが残るよね。

可哀想で可哀想でやりきれないよ。

booちゃんがみんなに送られている頃
私は変わりなしとの診断を受けていたの。
ごめんねbooちゃん、歳の順なら私が先だよね。
申し訳ない気持ちになります。

仕事に家事に育児、ペットの世話。
治療だって目一杯頑張っていたのに。
無念だよね。
全くこの世は不条理です。

私はbooちゃんのね、優しい顔が忘れられないの。

2013. 03. 06  
一昨日、帰ってきた娘を駅迄送って今、帰宅した。

悲しさが募ってハンパ無い。
涙があふれてくる。
ここで吐き出さなきゃいられない。

マッシュが逝ってしまった。

17年も一緒に暮らしてきた家族だ。

いつかこんな日が来ると思っていたし
老衰なので仕方ないのだけれど
悲しくて悲しくて・・・・やりきれない。

娘達は2人とも落ちているのに頑張っている。

だから私はしっかりしなくっちゃならない。

でも難しい・。
2013. 02. 23  
めかぶ
芽かぶをどっさり頂いた。
さっと茹でるとキレイな緑に。
まずは昨日酢みそで頂いた。
今日は酢の物。
残りは味噌漬けと冷凍保存。
抗がん作用があるというフコイダンが豊富に含まれているらしい。
カロリーは低いし、最高の食材だね。

今夜はキッシュと芽かぶ・・・全く合わないメニューとなりました。

kisshu3.jpg
キッシュにはベーコン、海老、ほうれん草が入ってるよ。










2013. 02. 23  
マッシュ3
自力で立てなくなっていたマッシュだったけど
介助して起こせばよろよろと歩いていた。
そんなマッシュが一週間程前、足を滑らせて後ろ左足を脱臼してしまった。

もう立つこともままならないのか。

かかりつけの獣医さんは老齢で手術は難しいと言う。

尿意や便通が近いと立ちたがるので困ってしまった。

ふと昔お世話になった横浜の獣医さんを思い出した。

35年前、交通事故に合い数カ所を複雑骨折した愛猫を
見事外科手術で助けてくれた先生だ。
webで検索したら健在どころかカリスマ名医となっているのを発見。
早速電話して予約をとった。

そして一昨日、受診。

う〜ん、結果はかかりつけ医と同じ所見だった。

脱臼を手技で戻しても緩んだ靭帯や筋肉はそのままなので痛みが増すし
外科手術は老齢で弱っている心臓に負担が大きいとのこと。

安静にしていれば痛みも無さそうに落ち着いてるので
このままがベストなのではとのことだった。
幸いなことに食欲はあるし、尿意の際にも何となく分かるので
介助してトイレにも連れて行ける。
赤ちゃんに戻ってしまったね。

マッシュ2

歩けなくなって本当に可哀想なマッシュ。

仕事があるのでいつでも一緒には居てあげられないけど
出来るだけ快適に、命の尽きる迄可愛がってあげよう。
17年間も家族に喜びをくれたんだもんね。
頑張れマッシュ!
















プロフィール

空いあお

Author:空いあお
GANS&ROCKにようこそ!

空と生きものと映画と音楽、そして時々は病気の話でも。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年9月 乳癌発覚
ステージⅡa
核グレード3
トリプルネガティヴ
特殊型乳扁平上皮ガン

2010年11月1日  左胸全摘手術
2011年1月~3月 化学療法 
     FEC4クール
2011年3月~5月 化学療法
     タキソテール4クール

その後は3ヶ月おきに検査と経過観察

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
乳がんブログ村はこちら↓
地球の名言

presented by 地球の名言

検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。